生活支援をする京都の便利屋のビジネスモデル

みなさんは便利屋ってしってますか?便利屋って何でもやるなんでも屋です。なんでもやってくれるから便利屋って言われるみたいで、いろんな仕事を引き受けてくれるみたいです。依頼されれば大概の事はこなしてくれるみたいで、使ってる人は便利だなーと感じるから便利屋っていうらしいです。専門の仕事が無いのが専門みたいです。専門の仕事が無い代わりになんでもやる。

介護の仕事だとか、ゴミ捨ての仕事だとか、身の回りの仕事だとか、引越の仕事だとか、ペンキ塗りだとか、掃除だとか、ペットのお世話だとか、探偵やら、イベントの手伝いやら、大工の仕事やら、庭師の仕事やら、家庭教師やら、電気屋さんの仕事やら、エアコン掃除の仕事やら、農家の仕事やら、運び屋さんの仕事やら(危ない感じの運びの仕事はやらないって言ってましたけど、やる便利屋さんもいるかもしれません)、おばさん相手に食事に行ったりとか、色々あるみたいです。

専門の仕事が無いから、相当器用でないと務まらないらしいんですけどね。よくあるのが家具の組立って仕事。組み立て式の家具が組み立てられないから組み立ててくださいって、早口言葉みたいな話が結構あるみたいです。とくに高齢の人は意外と力がないから、テーブルを組み立てたりとかは怪我をしてしまう可能性もあるし、便利屋さんとかに頼むのがいいかもしれませんね。

あと電球交換も多いそうです。最近の電球はLEDとかが主流らしく長期間使えるみたいで、長期間使ってるとどうやって取り替えたとか忘れちゃって、しかも高齢になっていたら椅子とか机とかに捕まって天井に手を伸ばさないといけないからあぶなっかしいです。そんな時に頼まれて電球交換するみたいです。電球交換自体は大変な作業じゃないけど、電球がついてる場所によっては危険な仕事ですからね。

窓ふきとかもそうですね。2階の窓の外側とか、どうやっても手が届かない。屋根の上に登って掃除しなければならないみたいで、そんなところは中々掃除できない。掃除できないからずっと放置されていて結構汚れてるみたいです。この汚れ、中々落ちないし、でも窓の汚れは気になるし。そんな時に頼むと便利みたいです。

そう考えると日常のあらゆる作業がなんでも屋さんの仕事の範疇になるんですね。だから便利屋さんは年中大忙しみたいです。特に夏は虫とかの対策が多いっていってました。京都市の便利屋さんをやってる人が言ってましたけど、京都は古い家が多く、でも作りがしっかりしてるから手入れをきちんとすれば長く快適に住める。でも手入れを中々できない。そんな依頼が多いみたいです。

便利屋に祖母の家の片付けをお願いした話

私の地元である某政令指定都市に住んでいた祖母が亡くなり、家の片付けを便利屋さんにお願いしました。「ハウスクリーニング」か「ゴミ収集会社」などか迷ったのですが、祖母宅自体をゆくゆくは取り壊したいとの考えもあり、トータルでおこなってくれる「便利屋」さんを選んだのです。 私の地元・某政令指定都市は、さすが都会というだけあり、「便利屋」もそうですが、「ハウスクリーニング」の数も多いのです。それに、こういった不要物一式廃棄をおこなった経験のある知人友人も多いため、今回祖母の家を片付けるにあたり、周辺リサーチをおこないました。

そしてその結果、某「便利屋」さんが「家を片付ける」ということに関して、ずば抜けて親切だよということを聞いて選びました。なおかつ、良心的な価格でおこなってくれたので、とても助かりました。それでは具体的にどのように祖母宅を片付けてくれたのかと言いますと、まずトラック一台分もあった家財道具をはじめとした不要なものを廃棄してくれました。私たちの考えとしては、すべて廃棄してくれても構わないと思っていたのですが、親切にも「遺品」として残しておけるような物を選別してくれました。

次に、物がなくなってガランとした祖母宅の掃除もしてくれました。長らく入院していたということもあり、入るのも拒むほどのなかなか酷い状態にあったのですが、躊躇なく入ることができるほどに、キレイに掃除をしてくれたのです。 なおかつ、仏壇などの私たちが持って行かなくてはならないものなども、キレイに掃除をしてくださり、本当に料金以上の仕事をしてくださったことに感動しています。他にも、「やっぱりプロだなぁ、知識があるなぁ」と感じる点が数多く、やはり祖母宅の片付けを、トータルで片付けをしてくれる「便利屋」さんに頼んで良かったなぁと思っています。

消費税アップによる家計のためのお得情報

消費税が5%から8%にアップしました。それにともなって税金分の物価が値上がりすることになります。上昇した3%分とは、例えば一ヶ月の食費が3万円の世帯で考えると、税抜きの単純計算で900円増えます。これが一年間になると約1万円の追加です。この対策ですが、日ごろからきっちりとした管理をすれば負担は軽減されます。どうすれば良いかというと、これからお伝えするお得情報を利用して家計を管理します。一番の管理する対象は日々の買い物です。

まずは食費からですが、時間に制限の少ない人が対応し易いスーパーの活用方法です。スーパーにはたいていどこでも日によってお買い得商品を設けています。日によって、全商品が一割引になる日やパンが割引される日、ハムなどの加工品が安くなる日といった内容です。それに合わせて日々の買い物する内容をあらかじめ決めておきます。ある程度、割引の日に合わせてに購入するように日々の習慣とすれば一年間つづけて消費税分程度の差額は回収出来ます。

こういった具合に食品に慣れてきたら次は日用品と実行してゆきます。最近では百貨店ではポイント制度を導入しているところがほとんどです。そして、アパレルなど年に何度か新作商品が入荷して落ち着いた頃に一割引、商品によっては二割引で販売されます。こういったタイミングを利用して買い物をすると、新作商品をお安く手に入れることが出来ます。ちょっとした対策を日ごろから心がけて消費税アップ分も回収することが出来ますよ。

防水工事をするなら、費用の安価なウレタン塗装で!

新築で建てた家でも、何十年と住み続ければ、家は次第に傷んできます。屋根やベランダなどが心配で、防水工事を考えることもあるでしょう。防水工事いってもシート防水やアスファルト防水などさまざまな工法がありますが、おすすめできるトップはウレタン防水です。ウレタン防水は、下地に塗装することで防水層を作り出す工事です。

だから、下地の形状を気にする必要がありません。下地の形状が複雑でも確実にできますし、下地がどのような素材であっても大丈夫です。屋根でもベランダでも施工できます。さらに、防水工事としては簡単な工事なので、短期で施工できます。短期でできる分、費用は安くなります。そして、塗装して防水層を作る工事ですので、廃材等を出すことはなく、環境にもやさしい工法です。

また、何度も重ねて塗装することで、いっそう弾性を備えた防水を可能にします。ウレタン防水は簡単に安価でできる防水工事で、短所らしい短所は見つかりませんが、強いていうならば、人が塗装するので完全に均一にならないということです。ただし、最近は機器で施工することもありますので、改善されています。